お金の問題で結婚できないと思ってた、依存しない心で解消

お金の問題
両親がお金でもめていたことが多く、結婚に対する良いイメージが持てず結婚できないと思っていました。どうせお金がないと、もめるしうまくいかないだろうという想いが先に立ちます。

結婚するにしても一定以上の収入が必要だと思い、いろいろ収入アップの方法を模索して生きてきましたが、今のところうまくいっておりません。そうなると「結婚すること」が目的になってしまってませんか?

既婚のカップルなどを見てもあまり、うらやましい状況とは言い難いものがあります。理由としては主に年収が低いことがネックとなっているようですが、今どきは、人にもよりますが、働きたくない、子育てしたくない、でも一定以上の良い生活はしたい、という身勝手な人が増えてきているので、自分の都合、相手の都合を考えた結果、結婚できないだろうな、と今は思っています。

お金が結婚に対しての重要な要素だと考えています。

最近は共働きの家庭も珍しくなく、自身の年収+結婚相手の年収があれば、それなりの結婚生活も可能なようです。

実際にそういう風に生活している夫婦を見ると、少しうらやましく感じます。現実的に考えても、それほどお金は必要ではなく、共働き前提であるならば、個別にアパート借りて家賃を払うよりは、結婚して、共に住み、家を買い、ローンを2人で払ったほうが先々得な場合もあると思います。

自分の主義や、今後のプランに沿った相手をうまく探せば結婚できるかもしれないと思うようになりました。結婚できないと思っていたのに、結婚できるかも、と思うようになったキッカケは、低い年収で2人で協力して暮らしている夫婦の存在を知ったことです。

お金の問題で結婚が危うくても相手のことを知りもせずに結婚だけ優先するのは危険です。しっかり相手の素性を調査することも検討してはいかがでしょうか。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。